インフルエンザ治療・予防薬@通販

インフルエンザ治療・予防薬@通販では、毎年必ず流行するインフルエンザに対しての予防と、治療にお役立ていただけるお薬をご用意しております。常備薬としてご自宅にぜひ一つ備えてください。

B型インフルエンザ治療薬
9件の商品がございます
表示件数
並び替え

B型インフルエンザ治療薬

B型インフルエンザ治療薬としてリレンザと言われる抗インフルエンザ薬が処方されることが多いですが、これはインフルエンザウイルスの増殖を抑えるための薬であり死滅させるものではないため、発症してから日数が経ち全身にウイルスが回ってしまっている場合には処方されません。
病院によっては患者に欲しいと言われ処方してしまうこともありますが、使用する際には注意が必要です。
インフルエンザの発症後2日以内程であれば、抗インフルエンザ薬を投与することで悪化させずに済むことが多くなります。
薬を飲んでいる間は治った気がしていても、服用をやめたらウイルスが増殖して発熱などの症状がまた出る人もいますから、必ず医師の指示に従い処方された薬はきちんと使用してください。
出された分の薬をきちんと服用することによって完治に向かうこともできますし、周りに感染させてしまう心配も無くなります。
B型インフルエンザ治療薬のリレンザなどを使用しても効果が無く、発症してから日数が経過して症状である高熱や頭痛・関節痛やのどの痛み・せき・鼻水、そして下痢やおう吐などの諸症状が治まらない際は、再診して医師の診断を受けてください。

B型インフルエンザの特徴・症状

インフルエンザB型は人だけに感染するウイルスで、風邪の症状に似ています。
2月ごろから春の時期に流行しやすい傾向があり、基本的に人と人の間の感染のみで、他の動物、たとえば豚や鶏と人の間で感染するということはありません。
このB型インフルエンザの特徴は、他のインフルエンザ、特にA型に比べると38度以上の高熱が出にくいことです。
また、消化器に症状があらわれやすくなることもあります。
症状は人によって異なり症状が軽い場合は風邪と勘違いしてしまい、重症化することもあるため治療から完治までの期間が長引くことが多いです。
風邪だと思い市販薬だけで治そうとすると症状が長引いてしまい、いつの間にか感染源となっていることもありますので注意が必要です。
風邪のような症状であっても胃や腸がおかしい場合は、早めに病院に行くようにしましょう。

B型インフルエンザの治療薬

インフルエンザには大きく分けて3つのタイプがあり、A型、B型そしてC型です。
この3つの中で、特にB型インフルエンザは、他のインフルエンザの症状に特徴的な高熱が出ないことが多いので、完治するまでに時間が掛かってしまいます。
インフルエンザB型は消化器への症状が出やすい傾向があるので、風邪だと思っても胃腸の具合がおかしい場合は、早めに受診するようにしましょう。
インフルエンザの治療薬としては、タミフル、ラピアクタ、イナビルといった薬品が用いられますが、B型インフルエンザの治療には、リレンザという薬が比較的効果が高いです。
リレンザは錠剤や散薬ではなく、吸入により服用する薬品なので、受診時に正しい吸入の仕方を教わるようにしましょう。
また、シンメトレルという薬もインフルエンザの治療に用いられこともありますが、インフルエンザB型には無効となっているお薬です。

B型インフルエンザの歴史

インフルエンザの語源は、16世紀のイタリアの占星術師たちが、影響を表すinfluenctiacoeli(ラテン語)に由来します。
インフルエンザの流行が科学的に立証されたのは1900年頃からで、インフルエンザウイルスはこの突起の形や、ウイルス内部の蛋白質の違いで、インフルエンザA型、B型、C型に分類され、流行するのはA型とB型のみです。
インフルエンザ桿菌は1889年に、B型インフルエンザは1940年に発見されました。
B型インフルエンザは、A型よりも症状が比較的軽く、遺伝子が安定しているため、免疫が長く続きますが、A型のように爆発的な流行を見せることはありません。
インフルエンザB型に1度かかると、再び感染する確立は低くなります。
インフルエンザA型は11月下旬頃から、インフルエンザB型は2月中旬頃から流行しますので、感染を防ぐためにも事前に予防されることをお勧めします。

インフルエンザに解熱剤はNG

風邪とインフルエンザの違いは原因も症状もはっきり異なります。
風邪は喉の痛みや鼻水、咳、発熱や食欲不振などの症状が起こります。
インフルエンザは、ウイルスに感染することによって起こる感染症で、普通の風邪よりも急激に発症するのが特徴です。
高熱や筋肉痛などの症状が現れるので、発症した直ぐに治療を開始しなければ重症化してしまうので注意が必要です。
インフルエンザの場合は熱が出たからといって解熱剤を服用したとしても、インフルエンザを完治することはできません。
解熱剤を用いても熱を下げても、ウイルスを根本的に治療しない限り完治することはできませんので注意してください。
また、安易に解熱剤を服用してしまうとインフルエンザ脳炎・脳症を重症化させる場合があるので注意が必要です。
インフルエンザを治療する際は必ず医療機関を受診し、タミフル、リレンザなどの治療薬を処方してもらい治療しましょう。
感染を防ぐためにもインフルエンザが流行する前に予防接種をしておきましょう。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県