インフルエンザ治療・予防薬@通販

インフルエンザ治療・予防薬@通販では、毎年必ず流行するインフルエンザに対しての予防と、治療にお役立ていただけるお薬をご用意しております。常備薬としてご自宅にぜひ一つ備えてください。

インフルエンザ検査
9件の商品がございます
表示件数
並び替え

インフルエンザ検査

今やインフルエンザは1年を通じて感染する病気になっていますが、一番流行する時期としては11月から3月までに流行しますので、高熱が出た際にはまずインフルエンザを疑う必要があります。
インフルエンザウイルスは潜伏期間も1日から2日と短期間での発症が特徴的で、周囲に発症者がいる場合にはすぐに医療機関を受診されることをお勧めします。
インフルエンザ検査には、専用のキットで簡易に検出できるようになっています。
専用キッとは鼻の粘膜を細い綿棒でこすり取り、専用の薬品で約15分で検査結果が判明する簡易なものです。
粘膜からウイルスが検出できるのが発症から48時間以内と比較的短時間でのインフルエンザ検査が必要となりますので、高熱が出た際にはすぐに医療機関を受診しインフルエンザ検査を受けましょう。
インフルエンザは潜伏期間中でも感染する可能性がありますので、検査の前から職場や学校などの公衆への接触は極力控えましょう。
感染が確認できた後は、熱が下がりきってから2日間は感染の可能性がありますので外出は控えてください。

インフルエンザの検査のタイミングはいつ?

秋から冬にかけて気を付けなければならないのがインフルエンザです。
インフルエンザが流行する時期に、発熱した場合や体調が思わしくなかった場合は医療機関へかかるのが最も良いでしょう。
インフルエンザの検査をする場合の注意点として、発症後12時間経過してから検査を受けられると良いです。
インフルエンザの簡易検査は抗原抗体反応を利用して行い、検査キットの反応が陰性になると感染していることになります。
また、発熱してすぐにインフルエンザの検査をしたとしても、ウイルスがまだ少ない場合も確実な診断が出ない事があります。
インフルエンザは時間が経過すると、1つのウイルスが8時間後には100個、16時間後には1万個以上と爆発的な勢いで増殖して行きます。
ウイルスが増殖しないためにも早めにインフルエンザ検査を行い、陰性と反応が出ましたら直ぐに抗インフルエンザ治療薬を服用されるとよろしいです。

インフルエンザの検査方法

インフルエンザの検査の流れとしてはまず患者から検体を採取します。
インフルエンザの採取方法は大きく3つあります。
1つ目は鼻腔拭い液の採取する方法で、鼻の奥に綿棒を挿入し鼻甲介を数回こするようにして粘膜表皮を採取します。
2つ目は咽頭拭い液の採取する方法で、のどの奥に綿棒を挿入し、数回こするようにして粘膜表皮を採取し3つ目は鼻腔吸引液の採取で、吸引用チューブを鼻の奥に挿入し、鼻汁を採取します。
これらの採取方法によって陽性率が違ってきます。
鼻腔吸引液での陽性率が約90%と1番高いのですが、専用のチューブが必要であったり作業が他の採取方法に比べ大変なことから医療機関ではあまり行われず、実際には鼻腔吸引液の次に陽性率の高い鼻腔拭い液を用いた検査が多いとされています。
陰性反応が出た場合には、速やかにインフルエンザの治療を開始されるとよろしいです。

インフルエンザと風邪の違い

インフルエンザと風邪はかかり始めの症状が似ていることからただの風邪だと思い放置してしまうことがあります。
風邪は咳や鼻水、くしゃみなどの症状がだらだらと続き発熱も高熱が出る程ではないものがほとんどとされています。
疲労が重なり体の免疫力が低下することによって、様々な病原体により引き起こされます。
インフルエンザはインフルエンザウイルスにより引き起こされるもので、感染すると1~3日の潜伏期間を経て高熱を発症します。
風邪よりも強い発熱や全身倦怠感、筋肉痛などの症状があり、高齢者や小さな子供などは肺炎などを併発してしまい、時には死に至る場合もありますので大変注意が必要です。
インフルエンザの流行は毎年11月ころから目立ち始め1~3月がピークとなりますが、この時期に体の異変を感じたら風邪と自己判断せずに医療機関で検査をしましょう。

インフルエンザの検査費用ってどのくらい?

インフルエンザ検査には、迅速診断法や血清抗体検査などがあります。
鼻に綿棒を入れ、鼻の粘膜を採取して行う迅速診断法が一般的で、A型B型いずれのウイルスも検査が可能で、検査結果も10分~15分以内と迅速です。
迅速診断法での検査費用は全国どの病院でも同じで、平日の昼間であれば5670円、3割負担の保険適用で1700円ほどになります。
インフルエンザ検査では、ある程度ウイルスの量が多くならないと正確な検査ができません。
発熱後(感染後)すぐの検査では、陰性が出てしまうことがあるので、検査は発熱後1日経ってから行うとよろしいです。
ネットではインフルエンザ検査キットが10回分12000円ほどで販売されています。
検査キットを自宅に備えて置くことで、インフルエンザに感染しても直ぐに検査ができ、陰性であれば治療を開始することが可能となります。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県